MENU

【DIYに合うのは?】脚立・踏み台・三脚…どれを選べば良いの?

築30年の我が家をできるだけ自分で修理できないか…

そんな気持ちで始めたDIYです。

天井や壁にも、汚れや壁紙のめくれが発生しています。

DIY主婦うめこ

通常の椅子では到底届かない高さだわ。

そこでこの度、初めて専用の台を購入しよう!と決めました。

目次

1.DIY初心者うめこが買ったのは…踏台!

今回、DIYするのに便利だと思い、購入を決めたのはこちらになります。

DCM手すり付きアルミ踏台 KF-B03

わたしは近くのホームセンターで購入しました。

2.この踏台に決めた理由

この踏台に決めた理由

  • DIYをするにあたって安全面でも踏台が適している
  • 修理したい箇所に届く高さだった
  • 手すりが付いているので安心感があった
  • お値段が手頃だった
  • 軽いので、移動させやすい

3.踏台、脚立、三脚どう違うの?

名前別に、用途やメリット、デメリットをまとめました。

スクロールできます
名称用途メリットデメリットポイント価格帯
踏台天板の高さが80cm未満。
電球の交換、戸棚のものを取る。
安全に乗れる天板がある。
軽量、折りたたみ可で、収納移動に便利。
脚立ほど高い所には届かない。家庭内の作業に幅広く使うことができる。
各メーカーでデザインも豊富。
3,000〜30,000円
脚立高さ0.8〜4m。
電球の交換、戸棚のものを取る。
高い位置にある窓拭きなど。
踏台よりも高さがあり、高所作業に適している。天板には乗れない。
大型のため、収納スペースが必要。
高さが欲しい時に便利。
4,000〜60,000円
三脚1〜4m
庭木の剪定
三点で均等に支え合うため、地面に少々の傾きがあっても安定性に優れている。大型のため、収納スペースが必要。傾斜のある場所での作業に向いている。10,000〜100,000円以上

調べてみると、天井の汚れや壁紙のめくれをきれいにしたい!という要望にあってるのは、

脚立ではなく、踏台と名前が付けられているものだと理解しました。

DIY主婦うめこ

私に必要なのは、高さからみても踏台だったんだね。

身長が高くて天板に乗ると、天井に頭が当たってしまうという方は、一段低いところで作業すれば良いですよ。

ただ、天板に比べて足場の幅が細いのです。

DIY主婦うめこ

慣れていないと、足裏が痛かったですね。

とはいえ、二日目からは少し慣れてきました。

今回購入した踏台は3段です。

4段のものもあります。

メーカーによって、様々な踏台をだしていますよ。

主にどの高さのところで作業することが多いのかを考えてみると、

3段にするか、4段にするか決めやすいですよ。

私は、リビングなどの部屋の天井が届けば良いので3段にしました。

階段で上の方まで掃除したいときは、私より背の高い家族に任せることにします。

DIY主婦うめこ

家族にもがんばってもらうよ。

私を含め、日頃高いところに登ることに慣れていないDIY初心者の方はとにかく安全第一です!

踏台を降りて天板の高さを見ると高く見えないのですが、いざ登ると結構高いです。

DIY主婦うめこ

安全第一ですね。

4.こんなオシャレな踏台も

近くのホームセンターで、初めての踏台を購入しましたが、

後日こんなオシャレな踏台をネットで見つけてしまいました。

DIY主婦うめこ

収納せずにリビングに置いてもおしゃれな印象です。

ただ、良いものはお値段もお高いのは当たり前ですね…。

5.まとめ

今回は、お値段も手頃で丈夫な、DCMの3段踏台を相棒として迎えました。

家の中で壁や天井の掃除、修繕をするなら【踏台】が便利です!

次回からは、いよいよ高いところの掃除、修繕に取り掛かりたいと思います。

DIY主婦うめこ

我が家の修繕の様子をお伝えしますね。

踏台、脚立…どれを選んだら良いの?という方の一つの参考にしていただければ嬉しいです。

最後まで読んでくださりありがとうございました。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

CAPTCHA


このサイトは reCAPTCHA と Google によって保護されていますプライバシーポリシー利用規約 申し込み。

reCAPTCHAの認証期間が終了しました。ページを再読み込みしてください。

目次